読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光のカナダ留学blog

30歳で会社を退職。現在カナダ留学中です。

【カナダ】シェアハウスを探す時に使える2つのサイト(JPcanada,Craigslist)

スポンサーリンク

部屋写真

今日はシェアハウスの探し方について書きたいと思います。これからシェアハウスを探そうとしている方の参考に少しでもなれば幸いです。

カナダでシェアハウスを探す場合、現在はJPcanadaCraigslistのどちらか(または両方)を利用される方が多いと思います。 

JPcanada

JPcanadaは日本人向けの情報サイトで、シェアハウス以外にもカナダの色々な情報が乗っています。トップページの一番下にある掲示板の賃貸・シェアというのを開くと現在募集している部屋がずらっと並んでいるので、気に入った部屋があれば募集主にコンタクトして見学に行き、気に入ればデポジット(ほとんどがレントの半額)を支払って決定になります。

 

このサイトは日本語で書かれているので非常に分かりやすく、募集主も日本語が分かる方が多いので使っていて安心です(日本人以外の募集主もいます)。ただ私も使って実感したのですが、本サイトはかなり競争率が高く、条件の良い物件だとすぐ埋まってしまう事が多々あります。

良い物件があった場合は出来るだけ早くコンタクトを取るのと同時に、幾つかの物件を掛け持ちで進めると効率が良いかと思います。どこかに決まった場合は、他の物件にもちゃんと断りメッセージを入れるようにしましょう。  

 

Craigslist

次にCraigslistはバンクーバーのサイトで色々な方が物件を載せています。載っている物件数がかなり多く、条件検索やマップでの検索が非常に便利なのですが、全て英語で書かれており、募集主も外国の方がほとんどです。またコンタクトする場合は、E-mailでなくTELやText(日本でいうSMS)のみという事も多く、電話を持っていない場合連絡が取れない場合もあるのが欠点ですね。

 

私はこちらも使ってみて良い物件もいくつか見つけました。ただやはり日本人と違い初対面の外国の方とコミュニケーションを取るのは、慣れるまではTextがどうも無機質に見えてしまい、気苦労が多かったです(^_^;)(実際に合ってみると気さくで良い方もたくさんいるんですが)。

あとこれは日本人でも時々あるのですが、外国人オーナーの場合は特に連絡が遅い(もしくは返事自体来ない)事が良くあるので、あまり気にせず良い物件にはどんどんコンタクトを取って行くと良いと思います。この場合も、部屋が決まり次第、断りメッセージはちゃんと送りましょう。  

 

最後に

シェアハウス探しはやってみると意外と時間が掛かり大変なので、遅くとも希望入居日の一ヵ月以上前にはスタートした方が良いと思います。特に春先と夏休みは日本からの留学生がたくさん来るので、もっと早く動き始めてもなかなか見つからない事が多い為、余裕を持って進めることをお勧めします。またトラブルの原因となるので、現在住んでいるステイ先やシェアハウスのオーナーには、いつ退去するのかを可能な限り早めに伝えておきましょう。

関連記事