読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光のカナダ留学blog

30歳で会社を退職。現在カナダ留学中です。

語学留学のプレースメントテストと対策について

留学全般 英語

スポンサーリンク

テスト

基本的にどの語学学校も似たようなものだと思いますが、大体の学校は登校初日にプレイスメントテストと呼ばれるクラス分けの英語テストを行います。語学学校は基本的に入学条件が無く、素の英語力が個人個人ばらばらな為、出来るだけ同じ実力の人同士を同じクラスにする事で便宜を図るんですね。

 

テスト内容は学校毎に異なると思いますが、私の学校ではリーディング、ライティング、スピーキングのテストがありました。リーディングはTOEICにあるような短い文章に空欄があって適切な単語を選択する4択問題。ライティングはエッセイ形式の問題(内容は忘れてしまいました)、スピーキングはテストというより面接形式で、簡単な自己紹介や勉強の目的を聞かれました。

 

対策は正直他の学校がどの様なテストか分からないの何とも言えませんが、テストの目的上そこまで難しい内容は出ないと思われるので、リーディングはTOEICレベルの勉強、ライティングは日々少しずつでも英語の文章(日記等)を書く練習をしておくと良いと思います。スピーキングは日本に住んでいるとなかなか対策が難しい所ですが、オンライン英会話等、短期間でも話す練習をしておくとだいぶ違うと思います。

私の所はリスニングはありませんでしたが、TOEICレベルの勉強と、ディクテーション(英語を聞いて書き取る練習)等もやっておくと記述式対策になると思います。

 

何も対策しないでプレイスメントテストを受けるという方もいるかもしれませんが、折角留学までして英語を勉強をしたいと思うのでしたら、少しでも高いレベルからスタートしたほうが時間を有効に使えて良いですよね。

 

なおプレイスメントテストで決まったクラスから上のレベルのクラスに行くには、2週間に一度等の頻度(学校によります)で行われるテストで必要な点数を取らなければなりません。 

大学準備コースやIELTS等のコースを受けるには必要レベル(レベル○○以上で受講可能など)が定められている事がほとんどで、そういった意味でも自分の目的がしっかりある方は対策をしておいたほうが良いかと思います。 

こちらの記事も宜しければどうぞ。

関連記事