読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光のカナダ留学blog

30歳で会社を退職。現在カナダ留学中です。

バンクーバー日本人女性行方不明事件の最新情報(6)-その後

留学全般 バンクーバー ニュース

スポンサーリンク

カナダ・バンクーバーの古川夏好さんの事件、前回記事からだいぶ間が空いてしまいましたが、依然多くの方が情報を求めて来られているようです。バンクーバーというクリーンで安全なイメージの強かった街で起こった今回の事件、その衝撃がいかに大きかったかを物語っている気がします。

本事件、その後私もずっと気にしていたのですが、今のところ大きな動きはないようです。先週月曜日に行われる予定だった遺体の検死結果についても、私の調べた限りではどの海外サイトにも見当たりませんでした。

日付は古いですが、今のところ最新情報と思われる記事を2つ紹介しておきます。

ウィリアム・シュナイダー容疑者と一緒に歩いているところを監視カメラで撮影された直後に事件に巻き込まれたとみていることが3日、裁判所が公開した訴追文書で分かった。

二人が監視カメラで撮影されたのが10/8の13:27。その後16:30に友人からのLINEメッセージが既読にならなかったとのことなので、この間に犯行に巻き込まれたと考えているようですね。事件の詳しい時系列については下記記事を参照ください。

バンクーバーの裁判所では3日、容疑者の初審理が行われた。保釈保証金の額などを決める予定だったが、容疑者が弁護士を選任していないことから手続きは17日に延期された。

10月3日の初審理は17日(来週の月曜日)に延期となったようです。

こちらの記事(最終更新日10/4)にその辺りが少し詳しく書かれていましたので併せて紹介しておきます。(これまで同様、法律用語など和訳が不明確な部分は英訳も載せておきます。)

The Vancouver police's sole suspect in the death of a Japanese student made his first court appearance on Monday, facing a judge for a few minutes before heading back into custody.

古川さんの事件の唯一の容疑者であるシュナイダー容疑者は、月曜日(10/3)に最初の審理のため法廷に姿を表しました。ただ審理は数分間で終了したようです。

Dressed in a red prison jumpsuit with his hands handcuffed to his belt, William Victor Schneider watched as his duty counsel told the provincial judge he did not yet have a lawyer.

シュナイダー容疑者は赤い囚人服(prison jumpsuit)に身を包み、手錠を掛けられた状態(handcuffed)でした。訴訟代理人(counsel)が裁判官に、彼の弁護士(lawyer)がまだ決まっていない旨を伝えたようです。

Schneider, who was arrested in Vernon last week, was granted a two-week delay to give him enough time to find a representative.

シュナイダー容疑者には代理人(弁護士、representative)を選任する期間として2週間が与えられました。審理が10/3から10/17に延期されたということですね。

他には、遺体の検死について以下のように書かれています。

Although details are emerging about Kogawa's life in Vancouver, few details have been released about how she died. An autopsy was scheduled for Monday, but police have not provided further information.

古川さんの生前については詳細が色々分かってきたものの、実際に行われた犯行についてはほとんど明らか(released)にされていません(もしかしたら警察が既に掴んでいる可能性はありますね)。月曜日(10/3)に予定されていた検死についても、警察からはその後の情報は得られていないようです。

Nor have officers revealed much about the only person who has been charged in the case.

また、容疑者に関する情報もほとんど出てきていないようです。以前の記事で警察が情報シェアにとても慎重になっている事は明言されていましたが、現地マスコミにも情報がほとんど流れてこない状況みたいですね。

これまでに私が確認できた新しい情報は以上になります。事件の全容がなかなか明らかになってこないもどかしさがありますが、せめて古川さんが一日でも早く安らかに眠れるよう、事件の早期解決を強く願っています。

関連記事: