読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光のカナダ留学blog

30歳で会社を退職。現在カナダ留学中です。

【英語】リーディング練習に海外ニュースサイトが良いと思う理由

英語

スポンサーリンク

ニュースイメージ

英語のリーディングの練習はしたいけど、具体的に何を見れば良いのか分からないと困っている方も結構いるかと思います。洋書が多読に良いとは聞くけどお金もかかるし、本によって難易度もマチマチなのでどれを買ったら良いか分からない、そんな人にお勧めなのが英語のニュースサイトです。

追記:次の記事では私のおすすめの海外ニュースサイト(無料)を紹介しています(2016/2/8)。

リーディング練習に海外ニュースサイトが良いと思う理由

英語のリーディングをするのに海外ニュースサイトが良いと思う理由は次の四つになります。

(1)無料で読める

(2)毎日更新される

(3)使われる英語がいつも同じレベル

(4)世界情勢の最新情報が手に入る

 

理由1:無料で読める

一つ目は何と言っても無料であること。インターネットに繋がる環境であれば、いつどこに居ても、BBCでもCNNでも世界的に有名なニュース記事を、無料でいくらでも読む事ができます。 

 

理由2:毎日更新される

二つ目は当たり前ですが、ニュースサイトには当然最新の記事が載ることになるので、いつも新しい英語を読むことができます。さらに大手のニュースサイトだと毎日更新どころか、数時間、数分おきに記事が更新されていくので、古くて読むものが無いと困ることはまずありません。 

 

理由3:使われる英語がいつも同じレベル

三つ目がリーディングの練習では一番重要だと思います。洋書だと、例えばamazonのLexile指数(読解力や文章の難易度を示す指標です)が同じ本を買った場合、著者やシリーズ物であれば使われる英語のレベルは大体同じですが、著者が違うと同じLexile指数でも難易度が全く違うと感じられることが多いです。その点、ニュースサイトは扱われるトピックや記者によって難易度に若干の違いはでますが、毎日読み続けることでニュースでよく使われる単語や独特の言い回しを段々覚えていきます。始めのうちは辞書も必要で時間もかかってしまいますが、数か月も続ければ辞書を使う回数は減ってくるので読むスピードも上がるようになります。そして理解度が増すという事は、自分の英語レベルがそれに近づいたという証でもあるので、多読の練習に最適な教材となります。なお辞書については、指やマウスを当てるだけで意味が出てくるポップアップ辞書がお勧めです(次回説明したいと思います)。 

 

理由4:世界情勢の最新情報が手に入る

四つ目は当然ニュースサイトなので世界の最新ニュースを見ることができます。日本の新聞やTV、yahooニュース等でもニュースは見れますが、海外のニュースについてはタイムラグが短くても半日~1日程度はあるのが普通です。また日本語にされた記事よりもかなりこと細かに書かれているので、海外情勢にかなり詳しくなる事ができます。英語の勉強もできて一石二鳥ですね!やはり海外の事を知るには海外ニュースがお勧めです。

 

英語ニュースサイトについは有名どころであれば何処でも構わないと思いますが、次の記事でいくつか紹介しています。併せてどうぞ! 

関連記事