読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光のカナダ留学blog

30歳で会社を退職。現在カナダ留学中です。

【カナダ携帯】格安キャリアFreedom(旧WIND mobile)の使用感について

留学全般 トロント バンクーバー

スポンサーリンク

WINDのロゴ

皆さんはカナダの携帯どこのキャリアを使っていますか?また、今まさに何処にするか迷っている、もしくは別のキャリアに乗り換えを考えているという方もいるかと思います。私はバンクーバーではBellを使っていましたが、トロントに来てからはWIND mobileという、いわゆる格安キャリアを利用しています。

そこで今回は、WINDの使用感について書いていきたいと思います。

Wind vector logo download free

*WIND mobileは2016年にFreedom Mobileへと社名を変更しています。本記事では執筆時のWINDの名前で記載しています。

はじめに

私は現在、こちらで購入したSIMフリーのiPhoneを使っています。WINDは現在オフィシャル的にはiPhoneを売っていないのですが、iPhoneと互換性のあるSIMカードを販売していて、そちらを購入すれば自分で用意したiPhoneを使うことができます。

日本から持ってきたiPhoneの場合、使うにはSIMロック解除が必要なのですが、iPhone 6S以降の端末であれば下記リンク元であるMobaCon*(トロントのみ)というお店に持っていくとSIMロック解除をしてもらえます。

日本のiPhoneはトロントで使えるの?

端末のモデルによっては対応していないようなので、SIMフリーの日本製iPhoneを持っている方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。このお店は日本人スタッフも居てその場で契約ができるほか、携帯端末の販売も行なっています。詳細は下記リンクを参照ください。

https://www.facebook.com/MobaCon.Toronto/

料金

まずはWINDの料金についてお話します。私は現在、月額$35で通話/テキスト無制限、データ通信は2Gまでは制限無し(2Gを超えるとスピード制限あり)というプランを利用しています。昨年Bellを使っていたので余計感じるのですが、$35でデータ通信2Gまで制限無しで使えるというのはかなりお得感があります。というのも私は昨年Bellで$30.75のプランを使っていましたが、通話150分/テキスト無制限、データ通信については月100MBまでと非常に少なく、インターネットの利用はたまにグーグルマップを開く位しか利用していませんでした。

幸いカナダはWifi環境が学校やカフェなど様々な所で整っているのであまり問題はなかったのですが、それでも2Gもあればバスや電車の通勤中や授業の空き時間にネットサーフィンをしたり、動画を開かない限り容量をほとんど気にせず利用できています。(勿論、BellとWINDでは回線速度に違いがあります。この辺りは後ほど説明します。)

WINDの他の料金プランについては下記公式リンクを参照してください。$50で8G/月というプランがある等、全体的にかなり割安な料金設定となっていると思います。

http://www.windmobile.ca/plans-and-devices/plans

通話/テキストの使用感

続いて、WINDの通話/テキストメッセージの使用感です。まず通話についてですが、WINDは電波状況がお世辞にも良いとは言えません。エリアはだいぶ改善されつつあるようなのですが、例えば今いるトロントだと地下鉄は一部の駅構内(ダウンタウンの中心の駅)を除きほぼ圏外となります。地上でも、大きな建物の中などに入ると通話がぶつ切れになることが多いです。なので私はいつも建物の外に出て通話しています。

またカバーエリアも限定的です。下記にトロントとバンクーバー周辺のエリアを貼っておきます。濃い赤の部分だと問題なく使えますが、薄い黄色のエリアでは繋がりません。(*トロントについてはナイアガラの滝周辺でも繋がりました。)

WINDカバーエリア(トロント)

WINDカバーエリア(バンクーバー)

WIND Mobile | Coverage

一方のテキストについては、電波が届く範囲であれば特に遅延等も発生せず問題なく使えています。

インターネットの使用感

続いてインターネットの使用感についてです。上でも述べたのですが、大手キャリアであるBellと比較すると、Bellは4G(高速LTE)、WINDは3Gという違いがあります。(正確にはWINDは公式的に4G(HSPA+)を謳っているのですが、WINDの使っているHSPA技術は世界的にみると3G相当と認識されていて、LTEと比較するとデータ転送速度に大きな差があるそうです。この辺りについては、下記記事に詳しく書かれています。)

私は3G回線でも全く問題なく使えていますが、容量を増やして動画等を見たいという人には物足りないかもしれません。また上で説明したとおり、トロントの地下鉄内ではダウンタウン中心の駅構内を除いてほぼインターネットが利用できません。私個人としてはあまり気にしていないのですが、不自由を感じる方も多いかもしれませんね。

支払い方法

最後にWINDの支払い方法についても触れておきたいと思います。私はプリペイド式で使っていますが、契約して使うことも可能です。プリペイド式と契約の違いについては、下記の記事を参考にしてください。

料金の支払い方法は、契約であれば自動引落とし、プリペイド式ならWIND mobileストアでの店頭支払いのほか(お店の地図はこちら:WIND Mobile | Find a Store)、私はまだ未経験ですがショッパーズ等でWINDカードを購入してのリチャージや、web上での支払いも可能なようです。なおWINDストア店頭での支払い時には、店員さんに「top-up(いっぱいに満たす)」をしたいと伝えれば電話番号を聞かれるので、プラン月額を支払い手続き完了となります。

プリペイド式は毎月決まった日にチャージした金額から利用料が引き落とされますが、早めにチャージしておくことも可能です。その場合はローミング等の追加料金の発生するオプション使用には注意しましょう(チャージしたお金から減らされていきます)。残高(balance)が0の場合はそういったオプションは使用できないので、可能ならば引き落とし直前にチャージするのが良いかと思います。

まとめ

さて、ここまでWIND mobileの使用感について私なりにまとめてみました。総括として、WINDは地下鉄や大きな建物内での電波があまり良くないため、そういった場所でよく通話をする様な人にはあまり向きません。またカバーエリアが大きな都市周辺に限られているため、地方に行く機会が多い人はカナダ全土をカバーしている大手キャリア(Bell、Telusなど)を使うことをお勧めします。(*上記は都市や使用環境、端末により異なる可能性があります。)

一方、通話はあまりせずテキストが主でインターネットも安く沢山使いたい、という方にはとてもおすすめできるキャリアだと思います。ここまで読んで頂きありがとうございました。

関連記事:

こちらの記事では格安3大携帯キャリア(Mobilicity、Wind、Fido)の比較がされています。分かりやすくまとめられているので、併せて参考にしてみてください。