光のカナダ留学blog

30歳で会社を退職。現在カナダ留学中です。

トロントの治安・危険地帯について

スポンサーリンク

f:id:hikaruryugaku:20180423074602j:plain

トロントで危険な地域と聞いて何処が思い浮かびますか。以前バンクーバーでも似たような記事を書きましたが、トロントにはバンクーバーのE.Hasting Stのように目に見えて危ない雰囲気の場所は私の知る限りあまりありません。

挙げるとするなら、Jane & Finch(通称:ジェーン&フィンチ)やSherbourne & Dundasが有名でしょうか。ただエージェントもホームステイ先としてそういった場所を避けていると思うので、興味本位で足を運んだりしない限りはそういった場所を見ることもあまり無いかと思います。もちろんホームレスやベガー(物乞い)の方は街中にいますが、それはトロントに限らず何処も同じではないでしょうか(バンクーバーも多かったです・・)。

他にScarborough(スカボロー)についての悪い噂を聞いたことがある方がいるかもしれません。ただ私自身2年程スカボローに住んでいますが、危険な地域だと思ったことはこれまで一度もありません。そのあたりも話していきたい思います。

Jane & Finch(ジェーン&フィンチ)

始めにJane & Finchについてです。この地域は地元の人でもあまり近づかないほど有名な場所で、ほぼ誰に聞いても住むべきじゃないとか、行くべきじゃないといった声が帰ってきます。過去には銃撃事件も起きたこともあり、人気の現れか一般的に家賃が安いのが特徴です。実際に住んでみないと分からない、というのは確かですが、リスクを最大限避ける意味でも、住むのは可能な限りやめておくべきといえるでしょう。

ジェーン&フィンチエリア

一方、Finchと名前がつくためFinch駅やFinch通り自体(駅から東西に伸びています)の治安を気にする方がたまにいらっしゃいます。ただFinch駅なんかは周りに政府系の建物や、多くのお店がありとても栄えている地域ですし、Finch通りも東側は治安は良いので安心して下さい(バスで言うと199番や39番)。この辺りは後ほど詳しく述べます。

Sherbourne & Dundas

続いてSherbourne & Dundasエリアです。こちらもよく名前を聞く地域ですね。近くにあるアラン庭園も昼間は憩いの場として安全ですが、夜間に近づくのは止めたほうが良いと言われています。少し古いデータですが(2004-2011年)、下の地図ではこの地域のドラッグ犯罪発生率がトップとなっています(黒く塗られた場所)。

f:id:hikaruryugaku:20180423050936p:plain

http://www.cbc.ca/toronto/features/crimemap/

一方で、TTCのDundas駅は大規模ショッピングモールのイートン・センターがあったりとても栄えている場所です。多くのショッピング客が歩いていて、広場ではコンサートや催し物などもよく開かれています。東に少し歩いた所にある山頭火やKINTONラーメンなんかには、私自身よく食べに行っています。Dundas通りをあまり東側に行き過ぎる(特に夜)ようなことがなければ、特に問題はないかと思います。

Scarborough(スカボロー)

最後にスカボローについてです。スカボローはトロントの東側に位置する地域で、治安の悪い場所として名前が挙がることがあります。中国系や南アジア系の移民が多く、特にネイティブからそういった声がある印象を受けます。ただ最近かなり開発が進んでおり、ダウンタウンからのアクセスも悪くないことから人口が増加し続けている地域となっています。

f:id:hikaruryugaku:20180423055714p:plain

そんなスカボローですが、地図で見ても分かるようにかなり広い地域です。具体的にはビクトリアパーク・アベニューより東側、スティールズ・アベニューより南側の地域になります。下はTTCマップです。

f:id:hikaruryugaku:20180423062650p:plain

さて私自身、この2年間でスカボローエリア内の

  • ライン2(上の地図で緑色の線)周辺
  • Finch通り(上でも述べましたがFinch駅から東西に伸びている路線です)の東側(Victoria Park以東)

に住んだことがあります。私の経験からですが、この二年間スカボローに住んでいて、危険と思ったことはありません。

例えばライン3沿いにあるScarborough Centre駅は近くにスカボロータウンセンターという大きなショッピングモールがあったり、大型コンドの建設ラッシュが進むなどとても近代的な地域です。近くに大きなカレッジ(Centennial College)もあるので、バスを利用する生徒も多く見られます。ライン2沿いのVictoria ParkやWarden駅なども閑静な住宅街といった印象です。特にWarden駅は多くのバスが乗り入れるとても賑やかな駅です。

Finch通りは先にも述べたように199番バスが走っており、Finch駅からMcCowan通りまでずっと東へ行き、そのまま南下してScarborough Centre駅まで行くことが出来ます。この路線は途中にSeneca Collegeのキャンパスがある等利用者がとても多く、バスも一時間に何本も通るほどの人気路線です。ライン1も使えるのでダウンタウンへのアクセスも良く、住むにはとてもおすすめの地域です。

またライン2の各TTC駅からはFinch通りや北のSteels通りへ多くのバス(24番(Victoria Park Ave)、68番(Warden Ave)、17番(Birchmount St)等)が走っており、いずれも人気路線です。途中交差するシェパードアベニュー、ローレンスアベニュー、エグリントンアベニュー等もとても大きな道路で、東西たくさんのバスが走っています。

 

一般的にはスカボロー南東が危険と言われていますが、普段の生活をする上ではそのような場所にはまず足を運ばないのではないでしょうか。TTC駅沿いや主要なバス通り沿いに住んでいる限りは、安心して暮らせるかと思います。 

スカボローは人種でいうと確かに中国系、インド系が多く、現地人からの評判が悪いのもそういったところにあるのかもしれません。ただ人種等はあまり気にしないという方であれば、とても便利で住みやすい地域です。私自身、スカボローがとても気に入っています。

最後に

トロントの治安(主にスカボロー)についてお話しました。トロントは普通に暮らしていて危険を感じる都市ではなく、とても安全に過ごせるかと思います。ただ前回バンクーバーの記事でも書きましたが、ここは日本ではありません。暗い夜道を1人で歩くのは極力避ける、危険と言われる地域には近づかないなど、海外生活で基本的なことを守っていくようにしましょう。

バンクーバーについてはこちらの記事も御覧ください。