読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光のカナダ留学blog

30歳で会社を退職。現在カナダ留学中です。

人と上手く話せません

思うこと

スポンサーリンク

f:id:hikaruryugaku:20160802050749j:plain

前にも話しましたが、私は人付き合いがとても苦手です。学校に限らず、それは家に居ても同じ。1対1なら何とかなりますが、3人以上になると聞く側に回って振られた時だけ話す感じです。仲が良いと言える人もほとんど居ません。お酒も飲めず話も苦手なので、飲み会や宴会などはひどい苦痛です。電話やラインもほんの限られた人と、何か用事がある時しかしません。

人見知りはだいぶ直った、、というより初対面の人のほうが今は話しやすいです。それは、私のイメージがその人の中でまだ形成されていないから・・・。時間が立つにつれ私のイメージがその人の中に出来上がっていくと、その人は少しずつ私のもとから離れていきます。正しくは、離れていく様な気がします。結局いつもそれが怖くて無意識のうちに壁を張り、一定以上には仲良くなれません。

 

他の人はすぐ打ち解けて飲みに行ったりどこかに出掛けたり。私はいつも一人でいます。本音はとても寂しい。でも一方で、皆と居ると結局喋れず一人になって惨めな思いをする位なら、一人でいるほうが楽なのかなという思いもあります。そんな葛藤をいつも感じながら結局何も変わらず、ずるずるここまで来てしまいました。

 

もっと自分を曝け出せば良いのにという話を良く聞きます。ただ自分のイメージを変えるには相当のエネルギーが必要だし、問題の本質はきっと別の所にあるのでしょう。結局は、知識だったり経験だったりスキルだったり、そういった部分が不足している事からくる自信の無さの表れが、他人への態度として現れているのではないかと思います。

これらのものが不足しているから、自分の言葉がとても浅く感じられるし、自分と話してもつまらないだろうなという勝手な自信の喪失、そして他人の拒絶。最終的に自分自身も嫌になり、殻に引きこもって楽な方へ逃げるようになります。

 

この悪循環を断ち切るには、結局自分の生き方を変えないといけないんでしょうね。自分のイメージを変えるのではなく、物事の捉え方や考え方を変える必要があります。一本の筋が通った、凛とした信念のようなもの。これだけは自分の強みといえる何かがあるとより自分に深みが出るでしょう。

「芸は身を助ける」

最近凄く身に染みる言葉です。色んな体験をして、色んな人と話して、色んな本を読んで・・・。色んな事を吸収して、少しでも深みのある人間になりたいです。

 

留学で何かが変わるかなと思ったけど結局まだ昔のままです。認識しているけどとても難しいです、生き方を変えるのって。無理に変える必要は無いというのも確かにありますが、現状が辛いので何とかしないといけない。でもそれが簡単ならここまで苦しまない気もするので、そんな堂々巡りの日々です。

三歩進んで二歩下がる、少しずづでも前進していければと思っています。