読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光のカナダ留学blog

30歳で会社を退職。現在カナダ留学中です。

IELTSリスニングの難易度について

スポンサーリンク

IELTSリスニングの解き方について書く前に、IELTSリスニングについて私が思っていることを少し書きたいと思います。

 

私が留学中にIELTSを勉強する中で実感したのが、リスニングが本当に難しいという事でした。例えばリーディングやライティングは、勉強し始めた当初、学校で受けた模擬テストではいずれも5.0でしたが、勉強すればスコアを伸ばせそうな感覚がありました。

これは私があまり英語を読んだり書いたりする事に苦手意識が無かったのもありますが、その時点で感じていたのは、解き方の知識や必要最低限のボキャブラリーを知らなくて点数が伸びないだけであり、この先勉強していく事でスコアは自ずと伸びてくる気がしたんですね。

 

スピーキングも同様で、始めの模擬テストでは5.0でしたが、これも日常英会話の延長で、難しい表現を少し覚えて毎日練習を重ねていけばカレッジ進学に必要なレベル(6.0とか6.5位)であればそのうち到達できそうな感触を持っていました。

勿論ただでは伸びないので、毎日の学校での勉強やテスト対策のほかにも、英語ニュースを読んだり、エッセイを書いてみたり、オンライン英会話をしたりと色々やりました。ただいずれ必ず報われるという確信があったので、毎日の勉強もモチベーションを高く持ち続けることができました。

 

でもリスニングだけは違いました。感覚的な話になってしまうのですが、リスニングだけは何をやってもスコアが伸びるイメージが全く持てませんでした。学校の日本人スタッフやエージェントの方に相談しても、リスニングは時間がかかるよ、という回答。

学校で解き方を教わり日々問題を解いても全く伸びていかないスコア、半年学校に通ったうち、4~5ヵ月は模擬テストでもずっと4.5-5.5の辺りをうろうろしていました。解き方は分かっているのに点数が伸びてこないもどかしさ、私は耳が悪いからしょうがないんだと、半ば言い訳をして現実逃避する事もありました。 

 

そもそもどうしてIELTSリスニングは難しいのでしょうか。個人的に思うのは次の二つの理由です。一つ目は、そもそもスピーカーが喋っている英語が聞き取れない事です。

普段英語を聞きなれている人やリスニングが得意な人にはおそらく問題無いレベルかもしれません。実際周りにリーディングやライティングよりリスニングのほうが得意な日本人も何人か居ました。ただ私の様に英語をあまり聞いてこなかった日本人には、そもそも英語のリスニングに問題がある事が多いのではないでしょうか。

早い英語は理解が追い付かず、知らない単語は聞き取れず、簡単な単語でもリエゾンや発音の変化が伴ってくるとなかなか聴こえません。IELTSは話すスピードが速い上文章も長く、北米、イギリス、オーストラリア英語など各国の訛りも入ってくるのでより難しく感じます。

 

二つ目の理由は、日本人が不慣れなディクテーション(書き取り)スキルが必要になってくるためではないかと思います。今はどうなのか詳しく分からないのですが、私が学生の頃は学校でリスニング勉強はあまりされませんでした。私を含め、センター試験とかTOEICのマークシートでしかリスニング試験を経験した事がない方もいるのではないでしょうか。

日本語なら何気なくやっている"聞きながら書く"という行為も英語となると話は別で、聞く事に精一杯で手が動かない、逆に手を動かすとその間は聞く事が疎かになってしまうという事態が往々にして発生します。

マークシートでしたら、それでも文脈さえ掴めれば後から正解を選択できる可能性も高いですが、空欄を埋める様なIELTSの記述問題の場合、全ての答えを覚えておき後から書くというのはほぼ不可能といえます。このように、文脈に遅れずにメモを取りながら進めて行くマルチタスクが、IELTSリスニングを難しくしている原因の一つかと思います。

 

IELTSは簡単ではないテストで、中でもリスニングは多くの方が苦労する科目かなと個人的に思います。やってもやっても点数が伴わないので凄く不安になります。では今回何故このような文章を書いたのかというと、先が見えなくても続ける事が大切という事を伝えたかった為です。

精神論ではないですが、私自身IELTSリスニングはスコアを取るのに凄く時間がかかりました。しかし諦めずに勉強を続けた結果、学校最後の月に何かを掴んだ感触がありました。もちろん完全とはほど遠いレベルですが、ある模擬テストを受けている最中、今までは聞き取るのに精一杯だったのに、初めてメモを取る余裕が"ほんの少し"生まれたのです。本当に少しの違いなのですが、やっている私にとっては大きな違いで、その次の月に受けた本番テストでは目標だったスコアを取る事ができました。 

 

今皆さんがやっている勉強がどのようなものであれ、知らず知らずの内にほんの少しずつリスニング力はアップしている筈です。継続は力なりと言いますが、先が見えなくても諦めずに続ける事で、必ず結果は見えてくると思います。 

関連記事